経営戦略を考える前に

このブログでは、僕の経験や勉強してきたことを踏まえて、これからの時代を
生き抜くためのマーケティングやマネジメントについて考えていきたいのですが
その前に、はっきりさせておかなければいけないことがあります。

それは、

「僕たちはビジネスで成功するために生きているわけではない」、

ということ。

僕たちは、悔いのない人生を送りたいのであって、ビジネスでの成功はあくまでも
その手段です。

経営者として生きて行くと、様々な場面で、決断を迫られます。
その決断の中には、
今後のビジネスとしては、こっちをチョイスした方がいいのかもしれないけれど
それは果たして、一人の人間の判断としてどうなんだろう
という場面があります。

もちろん、そういう場合のほとんどは、人間として間違った判断は結局ビジネスとしても間違っています。

とはいえ、長いビジネス人生の中でも、究極的に一個人の判断とビジネス上の判断が
衝突する場面が出てくるかもしれません。

ハーバードのビジネススクールでは、一番最初に、あなたがもしナチス政権下のドイツの企業家で、政府からユダヤ人迫害の協力を迫られ、断れば営業を止められるとしたらどうするか、というケーススタディを行うそうです。

こんなシーンは実際はなかなかないでしょうが、たとえば仕事と家族の両立とかいった問題なら、毎日のように向き合わされますよね。

そんなとき、何を優先させるか、それはマーケティング戦略なんかより
ずっとずっと大事な問題です。

「人が動く」と書いて、「働く」という漢字はできています。

僕はどこまでも、人として働きたいと思います。

カテゴリー: 若手経営者サポートのノウハウ パーマリンク