経営戦略は2つしかない

経営戦略っていうと、経営学部とかあるぐらいなのですごく難しくて、学問的で、
まあ考えても仕方ないかっって思ってしまいそうなんですが、

実は、経営戦略っていうのは2つしかないんです!

1つは、外部戦略(いわゆるマーケティング戦略といわれるのはこれ)
もう1つは、組織戦略。

(ただし、組織戦略というと大きな組織以外は意味ないように聞こえるので
用語としてはミスリーディング。正確には内部戦略と言った方がよく、小規模事業や個人事業でも、時間管理の仕方やモチベーション維持などのいわゆる自己啓発的な内容がここに含まれます。)

本当はこの二つをつなぐものとして、営業戦略というのがあるんですが、
それはおいおい話します。
とりあえず、この2つを頭にいれてください。

今 回紹介する「経営戦略全史」という本は、マッキンゼーやらBCGやらの
ビッグコンサルカンパニーが、この100年、どんなコンセプトの経営戦略を打ち出し てきたかをコミカルかつわかりやすく紹介してくれる名著ですが、この本の中でも経営戦略は「外部戦略」と「組織戦略」の2つにわけて整理してくれています。

このブログでも、経営戦略を外部戦略(マーケット戦略)と組織戦略に分けて、書いていこうと思っています。

ただし、忘れてはいけないことは

組織戦略は、マーケット戦略に従う、ということ。

人間は見たいものしか見ない動物だから、どうしても、自分あるいは組織のことをまず
見てしまうもの。

でも、ビジネスにおいては、「答えは常にマーケットにある」と僕は思います。

マーケットとどう向き合っていくか、そのためにどんな組織が最適か、思考の道筋は
そうでなければならないと思います。

そしてこのことは、経営者がどうしても孤独になってしまう原因でもあります。

経営者だけが、組織のことを背負いながらマーケットと向き合い続けるプレッシャーに
耐え続けないといけないから。

僕は、このブログが、そんな孤独な経営者の励ましになればと思って書いてます。

そういうわけで次回からはマーケット戦略についてあれやこれやと書いていきたいと思います。

経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)/ディスカヴァー・トゥエンティワン

カテゴリー: 若手経営者サポートのノウハウ パーマリンク